積極的な姿勢を大切に、得るモノのある取り組みをする

公共ビジネス統括部
千葉支店若手
E.O.

Q.オプティマを選んだ決め手は何でしたか?

当時、私はいろいろな会社を受けていました。その中でもオプティマを選んだ決め手は、実際に会社の方々と面接等でお話する機会があって、その時に感じた暖かな雰囲気でした。実際に働き始めてからも、入社前に感じた印象は変わらず、すごく働きやすい環境だと感じております。

Q.所属している部門はどんな部門ですか?

私が所属している部門は「公共ビジネス統括部」です。この統括部は自治体や公共事業等のお客様に向けてお仕事をしています。長く使用しているシステムの運用や保守などを担当する事が多いので、若手の頃から外部での仕事が多いです。その為、お客様の声や状況をその場で感じることが出来るのが魅力だと感じております。

Q.現在は、どのような仕事を担当されていますか?

システムのバージョンアップ作業に携わっております。作業内容としては、プログラムの作成や改修ではなく、バージョンアップに伴うプリンタ等の外部端末の変更に合わせたシステムの修正を行っています。例えば、今まで使っていたプリンタに依存しているプログラムの調査等を行っています。

Q.仕事にやりがいを感じるときはありますか?

今まで自分に振ってもらえていなかった作業を、上司の方に振って頂けるようになった時です。また、自分がこの作業なら出来るかもしれないと思い「自分がやってみても良いですか」と声をかけてみて「じゃあ、よろしくお願いするよ」と言われた時、自分が成長しているなと思い、やりがいを感じます。

Q.職場の雰囲気や社風はどうですか?

年齢等による壁をあまり感じないと思っています。自分が出来るかもと思った作業について、自分がやってみたいと提案したり、自分の意見を結構聞いてもらえる雰囲気だと思います。あと作業している最中に、作業のやり方について一通り説明を受けた際、「こうした方がいいかもしれない」と思ったときに、提案してそれを受け入れてもらえる雰囲気が良いと思います。

Q.オプティマの魅力は何だと思いますか?

オプティマでは、入社後1年間研修プログラムを組んでいます。中でも私がお伝えしたいのは、最初の三か月間の研修期間で、そのときは社内の人間が研修を担当します。私は入社したころ、どういう仕事に就きたいか、という事がしっかりと定まっていませんでした。ですが、その三か月間で実際に業務をされている先輩社員の方々とお話しする機会を得る事が出来て、どういう仕事がやりたいかを見つける事が出来ました。この研修プログラムがオプティマの魅力の一つかなと思います。

ある一日

  • 出社
    出社
  • 業務
    一日のスケジュールを立てます。
  • 業務
    質問事項があればまとめ、随時尋ねます。
  • 昼休憩
  • 業務
    メールを確認後、午前の作業を継続します。
  • 作業報告
    一旦、作業進捗を上司の方に報告します。
  • 退社

Q.就職活動中の学生へ一言お願いします!

私が仕事を始めてみて、就職活動中に実践していて良かったと思ったことは、「会社の方々とお話をすること」を心掛けていたことです。会社の方々とお話することを意識して会話をすると、その会社の雰囲気などが結構わかるので、やりたい仕事を見つけるのと同時に一緒に働きたい相手や会社を考えつつ、就職活動していくといいかなと思います。是非、オプティマの人事担当の方ともお話してほしいと思います。

動画インタビュー