チームで仕事をしてこそ、大きな目標を達成できる
株式会社オプティマ
金融・インフラビジネス統括部統括部長
佐藤 実知生

Q.担当している部門を紹介してください

金融・インフラビジネス統括部は、金融のアプリケーションの開発からインフラまでを担当する部門です。 以下の三部門で構成されております。
  • 金融第一システム部
    銀行等の営業店の窓口で使われる営業店端末のシステムを作っています。すでに20年年以上、この分野のシステムを作っている特化部門です。
  • 金融第二システム部
    短期資金の銀行間取引等を行う市場系システム、銀行間通信を行う外部チャネルという分野などを担当しています。延滞の督促をするコールセンターのシステムを立ち上げるということもやっています。
  • ITソリューション部
    インフラの構築を行っている部門です。銀行や証券のシステム基盤の構築・運用を行っています。

Q.自部門に欲しい人物像についてお願いします

明るい人、くじけない人、粘り強い人、こういう人と一緒に働きたいです。 仕事をしていくのに、楽しみを持ってもらいたいと思っています。そういう雰囲気を作ってくれる方と一緒に働きたいと思いますし、 当部門に必要な人財だと思っています。

Q.部門の自慢できるポイントは何ですか?

主に金融関係のミッションクリティカルなシステムに携わっています。そういう意味では、品質の作り込みをしていく作業においては自信があります。結構厳しいお客様の要求の中で作業をしています。作業の中でプレッシャーもありますが、成し遂げた時の達成感はプレッシャーに比例して得られる物だと思っています。また、メーカー様の品質を作り込む制度があるのですが、その制度でゴールド(最上位)の評価を頂いております。

Q.自部門の社員に心掛けて欲しい事はありますか?

お客様・仲間と仕事をやってく中で、人間として成長してほしいと思っています。目上の人や、後輩だったりいろんな仲間とチームで仕事行く中で様々な問題が出てくると思います。それを克服していく中で、人間として成長してもらいたいと思っています。社会人になると人生の三分の一は会社で過ごす事になります。その会社が、楽しみを感じる場、人間として成長する場、となってほしいと思っています。

Q.今後、どのような部門にしていきたいと思いますか?

「金融・インフラビジネス統括部」は、部門名に「金融」とついていますが現在は銀行系の仕事がメインになっています。「金融」というと保険、証券、損保という分野も有ります。これら分野の業務も統括部の中で出来るような体制を作っていきたいと思います。そのためには、それぞれの業務のスペシャリストが必要になってきます。そういった人財を採用・育成する事で、「金融」と名前のつく分野に関しては何でもできる部門にしていきたいと思っています。

Q.就職活動中の学生へ一言お願いします

学校を卒業して社会人になるとき、教えてもらうスタンスから自分で学ぶスタンスに変えていなければならないと思います。そのためにも、自分で自立して目標を持ってキャリアアップを図ってもらいたいと思います。

Q.キャリア採用を考えている方へ一言お願いします

キャリア採用を考えている方は、いろいろな理由で転職を考えてると思います。もし機会があれば、オプティマに入社して頂いてリスタートしてもらいたいと思います。そういう意味では我々はキャリア採用の方で温かく迎えてますので、是非当社の方に入って頂きたいと思います。

動画インタビュー