お客様の隠れた要望を見つけ、実現する

ビジネスソリューション統括部
ビジネスソリューション第二部中堅
K.M.

Q.現在はどんな仕事をされていますか?

健康診断の申し込みや予約の変更・キャンセルを扱うWebシステムに携わっています。私は開発リーダーとしてお客様と直接やりとりをする立場です。仕様調整や決まった仕様をスケジュールに落として、開発工程を推進するといった事を担当しています。

Q.現場として求める人財像は何かありますか?

調査能力に長けている人と働きたいと思ってます。やっぱり技術的な課題っていうのはお客様の要望に応じて、いくつもプロジェクトの中に出てくるもので、プロジェクトのメンバーが必ず経験したことのある技術が全て通用するかというと、そんなことはありません。そうした技術的な課題に直面した時に、出来るだけ短い時間で、出来るだけ顧客の要望に近い形で実現をしていく事を目指したときに、効率的な効果が得られる調査能力を持った方が欲しいと思ってます。もちろん、ベースとなる技術があるという事も良いですが、特化した技術だけではなくて、幅広く何でも知っていて、短時間の調査で効果を出してくれるっていう人財がいると非常に助かります。

Q.この仕事をしていて、良かったなと思った事はありますか?

今でこそ、直接プログラミングの作業をする機会は減ってきてはいるんですが、プログラミングの中では「試作」、つまりプロトタイプを作っている時が一番楽しかったですね。技術的に実現可能かどうか分からないものを試作出来た時は、何とも言えない達成感を感じられます。また、最近は交渉や調整事が増えてきていますが、お客様の要望を全体のイメージ図に落とし込んで視覚化する資料作りですとか、そういった仕事もやりがいを感じますね。資料をどんな構成にしたら見易くなるのか、どんな表現にしたらお客様は勿論、開発メンバーにも伝わるのかを意識しています。片方だけにスポットを当てないで、両方の立場の人から見ても分かりやすい、そういう微妙なところを突いて資料作りするのは中々楽しいですね。

Q.これまでの経験してきた事について、教えてください

オプティマに入社した時点では、私は技術的な知識や経験が全く無い状態でした。そこから少しずつ学びながら、という状態だったのですが、スマートフォンが普及をどんどん進めている時、思い立ってAndroidアプリの勉強をしてみようと、個人的に始めてみました。最初は本当に拙いアプリを作って喜んでいたんですが、少しずつ実際の業務でもAndroidアプリの仕事をさせてもらえるようになりました。最終的にはお客様から名指しで、「あなたが担当した機能は凄く良く出来ていた」と褒めていただけるようになり、ある程度の成果を出す事が出来たと思います。そこで技術者としての自信を手に入れる事が出来たので、チャレンジした結果が成長に繋がった経験でした。

Q.今後、チャレンジしたい事はありますか?

今後はマネジメントの勉強をしていきたいと思っています。これまで技術寄りでキャリアを重ねてきましたが、最近は少しずつお客様との調整や、チームリーダーの立場になる事が増えてきました。その中で、スケジュール管理や開発チームの管理が必要になるケースが出てきています。マネジメントのノウハウを得られれば、私がリーダーやマネージャの時は勿論、メンバーであってもプロジェクト全体に良い効果を与えられるだろうと考えています。

Q.仕事をするうえで、心がけている事はありますか?

可能な限りお客様自身も気が付いていないシステムの要件やポイントを探したり、こちらから提案したりする事を心掛けていますね。勿論、お客様の言う通りに作る事も難しい事ですし、大切な事なんです。ですが、言われてないものを提案して、+αの価値を提供出来れば、お客様からの信頼度もより上がっていくと思います。これは常に心がけて行きたい事ですね。

Q.オプティマの良い所はどこだと思いますか?

もちろん、大手Sierの下で大きなシステムの一部分を担当させて頂くということもあるんですが、エンドユーザーから直接請け負って、プロジェクトの全ての責任をオプティマの中で負うと、というプロジェクトもあります。そういったプロジェクトでは大手のSIerにコントロールされていく部分がありません。自分たちで全て決めていくという環境の中ではエンジニアとしての成長度っていうのはすごくあるのかなって思います。エンドユーザーと直接関わる仕事が出来る可能性があるっていうのはオプティマの利点じゃないかと思います。もう一つあげるとしたら、運用保守がほとんどの会社だとか、ソフトウェアの開発だけをしている会社だとかそういった会社も多いですけど、オプティマはソフトウェアの開発が中心ではあるものの、システム基盤とかインフラと呼ばれる領域を抑えている方もいらっしゃいますし、エンドユーザーに対して直接パッケージソフトを提供していく部署も有ります。そういった意味で幅広くこの業界の要素を抑えているんじゃないかなと思います。そういったところは企業全体としての強みになるのかなと思います。

Q.キャリア転職を考えている方へ一言お願いします!

キャリア採用の方には、オプティマに無い文化や空気を入れて欲しいという気持ちがあります。転職経験が無い社員は、会社とは"こういうもの"と無意識に考えてしまいます。オプティマの中に何となくある文化や雰囲気に溶け込んでいく事も大切ですが、キャリア採用の方には"新しい血を入れる事"も求められていると思います。例えば、「前の会社ではもっと効率の良い開発手法や手続きを採用していたから変えたい」といったように今のオプティマをより良く変えていく姿勢を期待したいです。

動画インタビュー