行動計画

オプティマは「次世代育成支援対策推進法」に基づき、社員が仕事と子育てを両立できる働きやすい職場環境の整備に取り組み、全ての社員が能力を十分に発揮できるようにするため、仕事と生活の調和を目指し、次の行動計画を策定する。

計画期間

2015年12月1日 ~ 2020年3月31日まで

計画内容

  •   【目標1】所定外労働時間を月3時間削減する。
    <<対策>>

    1. 所定外労働時間の実態調査
    2. 所定外労働時間を削減する対策や制度の検討
    3. 削減目標に向けた取り組みを実施し評価

 

  • 【目標2】年次有給休暇の取得日数を促進させる。
    <<対策>>

    1. 年次有給休暇および半休における取得状況把握
    2. 計画年次休暇取得促進活動と対策を検討
    3. 取得目標に向けた取り組みを実施し評価

 

  •  【目標3】男性社員の育児休暇を3名取得させる。
    <<対策>>

    1. 育児休暇取得の具体的なニーズの調査実施
    2. 実績も踏まえ取得促進活動の周知と啓蒙
    3. 取得目標に向けた取り組みを実施し評価

 

  •   【目標4】育児休業をした女性社員に継続就労してもらうために、
    キャリアプランに応じた働き方及び業務体制の見直しに向けた取り組みをおこなう。
    <<対策>>

    1. 継続就労や働き方等に関するニーズの調査
    2. キャリアプランに応じた働き方や業務体制の整備
    3. 継続就労を促進する取り組みと業務体制の評価

 

  • 【目標5】看護休暇制度を拡充または促進する。
    <<対策>>

    1. 看護休暇における取得状況把握
    2. 看護休暇取得促進に向けた周知活動と啓蒙
    3. 取得実績における取り組みの評価