株式会社オプティマ
代表取締役社長森田 宏樹

 当社は1972年の創業以来システム開発事業を主軸に据えながら、日本を代表する独立系ソフトハウスとして堅実に成長してまいりました。
 現在では中堅SIerとして自治体様、金融機関様、民需系エンドユーザ様といった幅広いお客様に対し、コンサルティングからシステム設計、基盤構築、アプリケーション開発あるいは自社パッケージシステム適用、そして運用・保守までトータルでサービスを提供させて頂けるまでに企業としての対応力をつけて参りました。
 今後加速するデジタル社会におきまして、当社はこれまで培ってきた高い技術力と業務知識を基盤にSoR領域(バックオフィス系システム群)でお客様のミッションクリティカルなシステムをご支援させて頂きながら、SoE領域(顧客フロント系システム群)におきましてAI,IoT,クラウド、モバイルといった最新の技術を駆使しながらお客様の事業に貢献して参ります。

近い将来ITが人の仕事にとって代わるなどと言われておりますが、ITが人間社会を進むべき方向に導いてくれるはずもなく、我々人間が進むべき方向に対してしっかりとした軸を持ち、その上で如何にITが人間社会をより良くできるのかというスタンスを決して失わず、お客様や地域社会とITを結び付ける役割を担えることが出来ればと考えます。また、オプティマ社員の一人ひとりが企業人としてだけでなく、より良い社会を創る地域コミュニティの一員となれるよう、人間育成を行ってまいります。